medicine

EDの種類

そもそも、EDとはどういう病気なのでしょうか?実はEDは原因によって、いくつかの種類にわけることができます。その中でもストレス社会と言われる現代にあって、心因性のEDは深刻です。

more

治療と対処法

心因性EDの治療はどのようなものなのでしょうか?また、ストレスが原因と言われているぐらいだから、きっと日常生活の中にも原因はあるはずです。ちょっと気を付ける、そんなこともありそうです。

more

女性もED?

もともと、EDなんて男性にしかならない病気。でも実は、女性版EDと言われている症状もあるそうです。女性がEDに!?セックスが苦痛で仕方のない女性は女性版EDかもしれません。

more

EDは治る病気

性感染症の治療に高い効果が期待できる商品です!アルダラクリームを購入したいならこちらのショップがオススメです!

バイアグラを購入できる通販サイトをお探しの方はこちらをご覧ください。オススメのサイトを紹介していますよ。

EDを治療する前に

ED、勃起不全、今ではずいぶん聞き馴染みのある言葉となりました。テレビでも、かなり前からED治療薬のコマーシャルが流されていました。ED自体は人に知られるとちょっと恥ずかしくて、できるなら隠しておきたいもののはずなのに、このようにED治療に関する情報があふれだしている現代社会。実はここにこそ、大きなマーケットがあるということなのでしょう。ある調査では、日本人男性の4人に1人は、「常に」「時々」勃起できないと感じているということが明らかになっています。「たまに」の人を含めると、なんと8割もの成人男性が感じている、ということも!そもそも、調査といっても、条件はそれぞれ異なっているはずなのでその妥当性はなんともいえませんが、とにかく、多くの男性がEDに悩んでいる、ということが分かっています。
このとおり、理由や原因はともかくとして、勃起不全を感じている男性が多いことは、わかりました。だけど、一口にEDといっても、診断されなければEDという病名はつかないはず。診断を受ける人は、勃起不全という悩みがある程度その人にとって深刻になっていて、結婚したいとか子どもをもちたいとか、何らかの動機があってそれを達成したい理由が明白になっている人、ということがいえるでしょう、そしてそのような人が増えているということなのではないでしょうか。驚くことに、ある製薬メーカーの悩み相談電話には、女性からの相談が4割も占めているのだそうです。もともとは、男性の病気なのに、男女双方の悩みということになっていることがうかがえます。
もちろん、診断を受け治療を望む人は、自分が勃起不全であることを受け入れ、治療の覚悟ができている人なのでしょう。きちんと治療を受ければ、EDは治ることもあるのです。